まとめ

1: ウォッチャー 2017/10/16(月) 09:05:35.68 ID:GMutawnF0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
SNSなどでよく話題になるのが電車内のマナー違反。満員電車や優先席付近など、状況によって様々だ。でも、迷惑なのはわかっていながら、
ついやってしまうものもあるのでは? そこで、20~30代の男性社会人200人に「できればやらないほうがいいと思いつつ、
ついやってしまう電車内の行為」について聞いてみた。

■電車のなかでついやってしまう行為TOP10
(全13項目から上位3項目を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 ドア付近のポジションを死守する 235pt
2位 優先席付近で携帯電話やスマホを操作する 154pt
3位 座席で足を組む 118pt
4位 降車する人の流れをかき分けて乗車する 114pt
5位 空席が多いときに隣の座席にカバンなどを置く 108pt
6位 座席で隣の人にもたれかかってウトウトする 106pt
7位 座席の足元に荷物を置く 75pt
7位 混雑した車内で無理やり新聞・本・スマホを見る 75pt
9位 混雑した車内でもバッグやリュックを手で持たない(肩に掛けたまま) 59pt
10位 他に空席があるのに優先席に座る 46pt

※番外
11位 スマホや雑誌でちょっとHな写真や記事を見る 36pt
12位 テイクアウトのコーヒーを持ち込む 27pt
13位 読み終えた新聞・雑誌を網棚に載せる 22pt

http://news.livedoor.com/article/detail/13747185/
no title

【やりがちな電車内の迷惑行為ランキングTOP10】の続きを読む

1: ウォッチャー 2017/10/17(火) 19:27:21.51 ID:+ieMZ6yP0
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)は、家族一人ひとりを認識し、自ら話しかけることで、日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット『Xperia Hello! (エクスペリア ハロー) G1209』を発売します(*1)。
本商品は、自宅にいる家族に連絡したり伝言を残すことができるほか、外出先からスマートフォンで連絡をすると、リビングなどの様子を撮影して状況をお知らせできます。また日々の生活に必要なニュースや情報などを、家族一人ひとりに向けて能動的に話しかけます。
加えて、家族との会話の中で「嬉しい」、「すねる」などの感情を、本体上部に設けた目の役割を果たすランプと本体の動きで可愛らしく表現します。
Xperia Hello! は、あたかも?家族の一員”のように、家庭内での会話を促したり、家族を見守る安心感や生活情報を提供するなど、日々の暮らしをアシストします。
no title

no title


http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2017/1017_1_smartproducts.html


2: ウォッチャー 2017/10/17(火) 19:27:48.97 ID:+ieMZ6yP0
ちな14万9880円(税抜)

【SONYさん、家族の一員になるコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」発売】の続きを読む

このページのトップヘ